CV(履歴書)


渥美 剛史(ATSUMI, Takeshi) researchmapはこちら
博士(理学、京都大学)
杏林大学医学部 病態生理学教室 助教

2011年3月 立教大学現代心理学部卒
2011年4月 立教大学大学院現代心理学研究科 博士課程前期課程(2013年3月まで)
2013年4月 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 博士課程(2016年3月まで)
2013年4月 NPO法人発達障害療育センター「学習教室ブーゲンビリア」講師(2016年3月まで)
2014年4月 日本学術振興会 特別研究員DC2(受入:正高信男・京大霊長研教授、2016年3月まで)
2016年4月 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 脳機能系障害研究部 発達障害研究室 流動研究員(2018年3月まで)
2017年4月 順天堂大学医学部・生理学第一講座 非常勤助教(2019年3月まで)
2018年4月 日本学術振興会 特別研究員PD(受入:井手正和・国リハ研脳機能部研究員、2019年3月まで)
2019年4月 杏林大学医学部病態生理学教室(細胞生理学教室) 助教(現在に至る)


教育歴

認知心理学S(文教大学人間科学部)
神経科学実習(脳波)(順天堂大学医学部)
京都大学大学院理学研究科ティーチングアシスタント(「生物科学特殊講義」、「霊長類学総合ゼミナール」)
立教大学現代心理学部ティーチングアシスタント(「卒業論文指導演習1」、「卒業論文指導演習2」)
立教大学現代心理学部ティーチングアシスタント(「子どもの心理臨床」、「心理学演習H1」、「心理学演習H2」、「現代心理学入門」)


研究助成

  1. 自閉症の特異な触覚時間分解能を担う認知神経回路のモデルマウスによる解析
    日本学術振興会: 挑戦的研究(萌芽)
    研究期間: 2018年6月 - 2020年3月 代表者: 渥美剛史
  2. 自閉症モデルマウスを用いた触覚過敏に起因する社会コミュニケーション困難の解明
    日本学術振興会: 特別研究員奨励費
    研究期間: 2018年4月 - 2021年3月 代表者: 渥美剛史
  3. 自閉スペクトラム症者の感覚処理障害の認知神経基盤に基づく客観的分類
    日本学術振興会: 基盤研究(B)
    研究期間: 2018年4月 - 2021年3月 代表者: 井手正和
  4. アニマシー知覚に基づいた自閉症児童における社会認知特性の解明と支援方法の構築
    日本学術振興会: 特別研究員奨励費
    研究期間: 2014年4月 - 2016年3月 代表者: 渥美剛史
  5. リスザル(Saimiri sciureus)におけるアニマシー知覚
    立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR) 大学院生研究
    研究期間: 2011年度 代表者: 渥美剛史

↑ PAGE TOP